道の駅かつらの隣「ふれあい広場」で無料キャンプした口コミ!デイキャンプでバーベキューも可能

未分類

茨城県東茨城郡城里町(しろさと)にある「道の駅かつら」の隣「ふれあい広場」へキャンプに行ってきました。
「道の駅かつら」は名前の通り、道の駅です。

売店には地元の野菜や花、ソフトクリームなどが並んでおり、ドライバーの憩いの場所となっています。

でもただの道の駅となりの「ふれあい広場」は那珂川(なか)のほとりに立地していて、完全無料でキャンプが楽しめるキャンプサイトがあります。

区画もないフリーサイトのような感じで、早い者勝ち。
土日はデイキャンプやオートキャンプを楽しむ人達で賑わっています。

夏は那珂川で足だけ入って遊ぶ人や、水切りを楽しむ人も見かけます。河原なので川に入ることができます。

無料でキャンプできる場とはいえ、キャンプサイトには水道が数カ所設置されていて、トイレも非常に綺麗です。
便座ヒート付き、トイレ内の水道は温水が出るので冬場も嬉しいポイントです。

※ただし、トイレ内では網や鍋などを洗うことは禁止されています。洗い物はキャンプサイトにある水道を使うことになります。

炭、薪も道の駅の売店に売られているので買い忘れがあっても安心。少し遠いですが、コンビニ(セブンイレブン)も徒歩10分のところにあります。

場所取りや混雑具合について

私はこれまでにかつらの隣の「ふれあい広場」でデイキャンプを5回、キャンプ1泊を経験しました。

無料ということもあり、土曜日の昼頃になるとすでにサイトの良い場所(水道の近く、木陰など)は埋まってしまいます。
ただ数人で行うデイキャンプ、BBQくらいであれば場所取りはさほど問題ありません。

1泊のキャンプに行った際は3月のまだ肌寒い日でしたが、到着が土曜日の14時を回っていたため、キャンプサイトの一番外れしか空いていませんでした。

なんとかテントを張る場所を確保できましたが、地面が硬く、ペグが刺さりにくい場所でした。
広々とした良い場所をゲットしたいのであれば季節問わず、10時頃には行って場所取りしたいところです。

木陰はサイトの半分程度しかないため、春から夏にかけて行く際はタープが必須になると思います。
また、地面は砂利なので、泊まるのであればテント内に毛布や厚めのインナーマット、簡易ベットがないと身体が痛くなるので事前に準備しておいた方が良いでしょう。

炭や薪は売店に売っていますが、キャンプギアのレンタルはないので、ギアの忘れ物に注意が必要です。

キャンパーの層は初心者から中級者まで様々です。見回りをする管理者がいないため、マナー違反者がいても取り締まりはありませんが、私が訪れた際はいずれもマナーが悪い人はいませんでした。

お金もかからず、川の近くでゆっくりとした時間を過ごすことができる人気のキャンプ場です。

無料で水回りも充実していて予約ができないので、行ったらすでに場所が埋まっていた、ということもしばしば。(実際私も泊まりのつもりで行って場所が空いておらず、泣く泣くデイキャンプになった経験があります)

前日からの宿泊キャンパーが撤退する9時〜10時ごろを目安に訪れることをお勧めします。立地、施設の充実具合、費用含め、総じて満足度の高いキャンプ場です!

※コロナの関係で利用制限があることもあります。詳しくは公式ページでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました